「5W2H」When(いつ)、Where(どこで)、Who(だれが)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)How much(いくらで)


5W2H
When(いつ)、Where(どこで)、Who(だれが)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)How much(いくらで)となります。

納期は?スケジュール→When(いつ)
いくら?コスト・予算→How much(いくら)
誰が?体制・役割→Who(だれが)
どのように?全体管理→How
何をするの?案件→What(なにを)
何故やるの?経緯・目的→Why(なぜ)
仕事場所は?→Where(どこで)

もし仕事を受ける側が5W2Hの情報が足りなかった場合は必ず不足している点を確認し情報が足りないまま仕事をしないように気を付けたいですね!

時間はコストです。(重要)自分の解釈やペースで仕事をしてしまうと、気が付くと時間をかけすぎてしまい赤字になってしまう場合があります。そんな事のないよう仕事はスタッフ同士でシェアしながら案件完了できるようにすると達成感につながります。

5W2Hは案件を伝達する側も受ける側もとても重要な要素となっていますので是非仕事に活かしていただければと思います。

今日もお仕事頑張ってください。