僕はネジ(その2)

僕はネジ

毎日毎日ひたすら地味なネジをやっています

つまらないな

 

僕はネジ

あまり話した事が無いバネ君が

僕の所に来てこんな事を言いました

「いいな~ネジ君はうらやましいな~」と

え?バネ君の方が絶対にいいはずなのに

何故僕みたいなネジをうらやましいと思うのだろう

もしかして

僕を馬鹿にしているのか

 

僕はネジ

バネ君の言葉の理由が分からないので

僕は勇気を出してバネ君にきいてみた

「ねえバネ君」

「どうして僕なんかがうらやましいの?」

するとバネ君はこう言いました

「ネジ君はどんな事があっても力強く支えているよね」

「うらやましいよ」

「僕なんかプレッシャーに弱くてさ」

「バネの役目を果たせないときがあるんだよ」

「緊張するとさ、ピーンと針金みたいになっちゃって」

「いつも怒られっぱなしだよ!」

「怒られると更に緊張しちゃって」

「もう笑っちゃうしかないよね」

 

僕はネジ

僕はいままでバネ君をうらやましいと感じていた。

でも・・・

バネ君も僕と一緒だったんだね!

「僕も同じようにバネ君をいままでうらやましいと思っていたんだ」

「自由に跳ねることが出来て柔軟な体も持っていていいなって」

「バネ君は素晴らしい能力をもっているんだよ」

「ぴょんぴょん飛び跳ねているバネ君はとってもかっこいいよ」

僕がそう言うと、バネ君はうれしそうに笑ってくれた。

なんだかちょっと僕もうれしかった・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA