MEMO

仕事や学校で「メモを取りなさい!」と言われた経験があるかと思います。メモを取る意味を間違えてしまうと本当にもったいないので今日はメモの意味についてお話をしたいと思います。

メモをとるという意味を間違えてしまうとメモを取ることに夢中になってしまい、話をしている人の言葉が全くインプットされなくなってしまう場合があります。メモを取りキレイに保存する!これが目的になってしまうのです。

メモは相手の話をインプットさせるためのプロセスにすぎません。ノートもメモも同じでなのですが、キレイに書くことではないので注意してください。どんなに乱暴で汚い文字でも自分だけが理解できるポイント(目印)さえ後で見返した時に分かればそれでよいのです。

仕事でメモを取れ!と言われたら、相手の話を忘れないための自分だけのメモを取れるようにしてください。

今日もお仕事頑張ってください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA