登場動物異世界妖怪


妖怪ヨシザラシ

ようかいよしざらし

動物妖怪№01:妖怪ヨシザラシ(吉田英樹)

プロフィール

お気に入りの「アザラシ」のぬいぐるみに転生してしまった世の中に疲れた昭和生まれのおじさん吉田英樹こと「妖怪ヨシザラシ」 仁義なきくそ野郎共をバッタバッタと成敗する「ヨシザラシーアイランド」の勇者である

HP:1100 ★★★★★★★★★★★☆
攻撃力 400 ★★★★☆☆
防御力 600 ★★★★★★
素早さ 300 ★★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪きよ三毛猫~

ようかいきよみけねこ~

動物妖怪№02:妖怪きよ三毛猫~(渡辺希代美)

プロフィール

本当は家でゴロゴロ寝ていたい気ままな猫だが、常に妖怪ヨシザラシに振り回されている。 手に持っている真っ赤な魚は、かつて旅の勇者の一行の一人であった有能魔法使いが持っていた代物だとか。 あおりんごが好物で部屋に沢山貯めこんでいる。

HP:400 ★★★★☆☆☆☆☆☆☆
攻撃力 600 ★★★★★★
防御力 400 ★★★★☆☆
素早さ 100 ★☆☆☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪猫娘

ようかいねこむすめ

動物妖怪№03:妖怪猫娘(甫坂裕子)

プロフィール


HP:500 ★★★★★☆☆☆☆☆☆
攻撃力 300 ★★★☆☆☆
防御力 100 ★☆☆☆☆☆
素早さ 600 ★★★★★★

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪極楽鳥

ようかいごくらくちょう

動物妖怪№04:妖怪極楽鳥(よくできた営業マン)

プロフィール

ヨクデキタ目 エイギョウ科 モウソウ属に分類される鳥。「オキラクゴクラク」と鳴く。
選ばれし鳥だと思っているが、ただの変わり者。
基本的にはのんきに空を飛び回っているが時々理屈っぽくなる。
フェニックス(不死鳥)がライバルだと思っているが、まったく相手にされていない。

HP:600 ★★★★★★☆☆☆☆☆☆
攻撃力 400 ★★★★☆☆
防御力 600 ★★★★★★
素早さ 300 ★★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪ビーバー

ようかいびーばー

動物妖怪№05:妖怪ビーバー(トーヤアキュム)

プロフィール

・優しい
・一人で行動することも、グループで行動することも好き.
・困っている人がいると手伝いたくなる
・たまにぼーっとしていることがある
・旅行好きで様々な場所を旅している
・いろいろな知識を持っており、旅行などの相談をよく受ける。しかし、知識の偏りがすごい。

HP:1100 ★★★★★★★★★★★☆
攻撃力 100 ★☆☆☆☆☆
防御力 300 ★★★☆☆☆
素早さ 200 ★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪コーギー

ようかいコーギー

動物妖怪№06:妖怪コーギー(体育部長)

プロフィール

プリッとしたお尻とちょこまか動く足で、素早さと運と、力で、異世界ではぐれた仲間を探している、運がよく罠には掛かりづらいか、知力が少ないので何でも食べてしまうが、持ち前の体力で乗り切るピンチのときは、必殺技のコーギーATTACKがでる!

HP:500 ★★★★★☆☆☆☆☆☆
攻撃力 500 ★★★★
防御力 600 ★★★★★★
素早さ 300 ★★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture


妖怪ゲゲゲのネコばあば

ようかいげげげのねこばあば

動物妖怪№07:妖怪ゲゲゲのネコばあば(テニスらぶ❤)

プロフィール

見た目はかわいいスコティッシュフォールド😻
だがしかし、その実態は猫娘と砂かけばばあを超える妖術を持った動物妖怪である

HP:600 ★★★★★★☆☆☆☆☆
攻撃力 100 ★☆☆☆☆☆
防御力 600 ★★★★★★
素早さ 600 ★★★★★★

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪パンダ

ようかいぱんだ

動物妖怪№08:妖怪パンダ(いろはのM)

プロフィール

1日の大半を食べることに費やし、あとはだらだらゴロゴロ寝て過ごす
いろはのMこと「妖怪パンダ」。
白黒つけないグレーなことも、普段は我関せずとしているも
時に歯に衣着せぬ毒舌ブラックパンダとなることも。

HP:800 ★★★★★★★★☆☆☆
攻撃力 300 ★★★☆☆☆
防御力 400 ★★★★☆☆
素早さ 100 ★☆☆☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪フクロウ

ようかいふくろう

動物妖怪№09:妖怪フクロウ(Chubby)

プロフィール

人前に顔を出し話すのが苦手なシャイな男が転生した妖怪。
その存在を気づかれないようにしながら、いろいろな場所に出没し時には人々に知恵を与える。
尚、実態はある限られた数人だけが見ることができるらしい。

HP:500 ★★★★★☆☆☆☆☆☆☆
攻撃力 300 ★★★☆☆☆
防御力 400 ★★★★☆☆
素早さ 400 ★★★☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪イルカ

ようかいいるか

動物妖怪№10:妖怪イルカ(りょうたのどん)

プロフィール

海の中で自由に動き、気ままに過ごす。海の中でたまにヨシザラシに会い、おはなしをする。
精神年齢は5歳なので、少年のこころで生きる。
お魚大好き、お野菜大嫌い。頑張り屋で涙もろい。ケンカは大嫌い!

HP:200 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
攻撃力 100 ★☆☆☆☆☆
防御力 600 ★★★★★★
素早さ 100 ★☆☆☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪マンチカン

ようかいまんちかん

動物妖怪№11:妖怪マンチカン(パパレンジャー)

プロフィール


HP:1000 ★★★★★★★★★★☆☆
攻撃力 200 ★☆☆☆☆☆
防御力 500 ★★★★★
素早さ 200 ★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture


妖怪カピバラ

ようかいかぴばら

動物妖怪№12:妖怪カピバラ(keikei)

プロフィール

食いしんぼう科
趣味はモノ作り
真面目と見られがちだが、実際は人を楽しませるのが大好き!
普段は空を見てボーっとしているが、これ作ろうと閃くと寝食忘れて作品作りに没頭してしまう。
フカフカなところが好き。

HP:1100 ★★★★★★★★★★★☆
攻撃力 400 ★★★★☆☆
防御力 100 ★☆☆☆☆☆
素早さ 100 ★☆☆☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture


妖怪鷹

ようかいたか

動物妖怪№13:妖怪鷹(しゅうしゅう)

プロフィール

視力がいい自分は、物語に登場する動物妖怪皆さんの身の安全を空から見守ります。
いざという時は体を張る護衛部隊のSPである。
常にアンテナを張り巡らせているのでご安心を💗
忘れ物があったらなんなりと取りに(トリに)行きまっせ!オヤジか!!

HP:800 ★★★★★★★★☆☆☆
攻撃力 200 ★★☆☆☆☆
防御力 300 ★★★☆☆☆
素早さ 600 ★★★★★★

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪うさぎ

ようかいうさぎ

動物妖怪№14:妖怪うさぎ(小粋night)

プロフィール


HP:300 ★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
攻撃力 300 ★★★☆☆☆
防御力 600 ★★★★★★
素早さ 400 ★★★☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪ミニチュアダックス

ようかいみにちゅあだっくす

動物妖怪№15:妖怪ミニチュアダックス(鉄ヒロ)

プロフィール


HP:1100 ★★★★★★★★★★★☆
攻撃力 600 ★★★★★★
防御力 300 ★★★☆☆☆
素早さ 200 ★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

妖怪アルパカ

ようかいあるぱか

動物妖怪№16:妖怪アルパカ(ツクモヅラコ)

プロフィール

性格は温厚でお馬鹿なくだらないネタや歌が大好き。毛がフカフカしていてその毛は島に住んでいる住人の服や布団などに利用されているが、怒ると武器でもあるめちゃめちゃ臭いツバを吐く!
そのツバには毒が入っており、くらうと一日不幸なことが起きると言われている。

HP:1100 ★★★★★★★★★★★☆
攻撃力 200 ★★☆☆☆☆
防御力 500 ★★★★★
素早さ 600 ★★★★★★

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture


妖怪ベンガルギツネ

ようかいべんがるぎつね

動物妖怪№17:妖怪ベンガルギツネ(☆Sugar☆)

プロフィール

とにかく「うじょん(←うどん)」が大好きすぎて きそば号にほぼ毎回現れるうじょんヲタク。うどんネタを見つけると思わず「うじょん」と叫んでしまう。ピンクの帽子がトレードマークだが気まぐれ故にその姿を見つけられたらラッキー 「きそばアイドル」を密かに推している。推しのトッピングは「山菜」

HP:800 ★★★★★★★★☆☆☆
攻撃力 200 ★★☆☆☆☆
防御力 500 ★★★★★
素早さ 300 ★★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture


妖怪犬

ようかいいぬ

動物妖怪№18:妖怪犬(ニューだるま)

プロフィール

特徴は、かなり凶暴でも、おとなしいときもある。
血液型は、B型です。

HP:700 ★★★★★★★☆☆☆☆
攻撃力 300 ★★★☆☆
防御力 500 ★★★★★
素早さ 300 ★★★☆☆☆

特殊能力 初期設定全員無し

Profile Picture

#01 原稿:吉田英樹

なぜ人は平気で嘘をつくんだろう!

なぜ人は大切なものを奪うんだろう!

なぜ人は・・

もう誰も信じられない

(部屋にあるお気に入りのぬいぐるみを手に取って僕はこうつぶやいた)

なー〇〇君だけが僕の相棒さ!

と、その時

大きな雷様が僕の家に直撃した!



気がつくと広い海の中に僕はいた

#02 原稿:トーヤアキュムさん

「まずい・・・おぼれる・・・!」

僕は無我夢中で、海面へともがいた

気が付くと、海面にたどり着いていた

あたりを見回すと、遠くに陸地が見えた

陸地へ向け、僕は一生懸命泳いだ

「助かった・・・」

無事に陸地へとたどり着いた

しかし、ここで不思議なことが起こる

立ち上がろうとするが、うまく立てないのだ

「なぜだ・・・なぜなんだ・・・?」

ふと、足元を見ると・・・

#03 原稿:☆Sugar☆さん

僕)「なんだ、この茶色くてフカフカした場所は・・・!!!」

何度立ち上がろうとしても、足が埋もれてしまう。

途方に暮れていると、そこに1羽の鳥がやってきた。

鳥)「君、見慣れない顔だね?そんなに慌ててどうしたんだい?」

僕はこれまでの出来事を話した。

鳥)「どうりで見慣れない顔だと思ったよ。僕はずっと昔からここに住んでるけど、違う世界から飛ばされてきたのは君が初めてだ。ここは、たいやき島。たいやきの形をしている、たいやきでできた島だよ。」

僕)「どうして、この島はたいやきでできているの・・・???どうして、海に浮いてるのにフニャフニャにならないの・・・???」

僕は、戸惑う気持ちを抑えきれずにいた。

#04 原稿:ツクモヅラコさん

鳥)
順を追って説明しようか。
実はこの島はたい焼きのような形に見えるだけで実はたい焼きじゃないんだよ。
君の足が埋まってるふかふかしてる場所をよくみてごらん
これって毛なんだよ。

僕) 毛?

鳥)そう、住んでる住民達から抜けた毛が集まってこの島は出来てるんだ、
何千年何万年という時間をかけてね。

僕)そんな事って……
信じられなかったが、ふかふかしたものを取ってみたら確かに動物の毛だった

鳥)理解してくれたみたいだね。
とりあえずここはふかふかすぎて場所がいいとは言えないから村にいこうか?

僕は鳥の話を理解し一緒に村についていく事にした

鳥)そういえば、まだ君の名前を聞いてなかったけどなんて名前なの?

僕) 僕の名前? それが思い出せないんだよ。 気付いたら無我夢中で泳いでてここにいたんだよ。

鳥) 思い出せないの? 名前ないと不便だからつけてあげるよ。 アザラシだからヨシザラシってどう?

ヨシ) ヨシザラシ……?
あ、ありがとう…ちなみにヨシってどういう意味なの?

鳥)今、頭の上になぜかヨシって単語が浮かんだだけで対した意味はないよ。

ヨシ)ないんかい! まぁ名前がないよりはいいか!

鳥) ちなみに僕は極楽鳥のよくできた営業マン名前長いから営業マンでいいよ

ヨシ) 営業マンかよろしくね。

ここから僕と妖怪動物達の長い長い大冒険が始まるとはこの時はまだ思ってもみなかった……

#05 原稿:よくできた営業マンさん

僕) いいよなぁ鳥は。自由に空を飛ぶことができて…

鳥)フフフ…うらやましいかい? みんなにいつもそんなふうに言われるけど…どれ、ちょっと飛んでみるかい?

僕)えっ???ど、ど、どうやって……???あっ!!!

いつの間にか僕の背中には極楽鳥と同じ羽が生えていた

鳥)まぁとりあえず…手足と同じようにうごくから、ちょっと羽ばたいてごらん

僕)えーっと…よいしょっと…

バッサバッサとなんとか動かせるようだ

僕)よぉぉぉし!!!

力強く羽ばたかせると…

僕)うわぁぁぁぁお!!!飛べた!!!飛んでる!!!

鳥)おぉー上手い上手い(笑)がんばれガンバレぇー!

1分もしないうちに疲れてしまい、降りてきてしまった

鳥)どうだった?鳥になった気分は?

僕)うーん…疲れちゃうなぁ

鳥)まぁそうだろうな。遠い遠い北の町から飛んでくるものがいれば南の島へ飛んでいくものもいる。

風は吹くし雨も降るし、この辺じゃライサマとかいう恐ろしいバケモノもいる。そんな中でずっと飛んでいくんだ。何時間も、時には何日も。休みたくても休めない、いつ敵に襲われるかもわからない…そんな毎日だぜ、鳥の世界は。

僕)…

鳥)となりのナントカはあおく見える…って言うんだろ?そういうの。

それはオレたちがたまたまひと休みしているようなところを、たまたま見かけたんだろう。逆にオレたちはキミたちがうらやましいよ。雨風しのげる場所はあるし、食うところも寝るところもあるし、敵に襲われるなんてほとんどないだろう?それなのに、オレたち鳥がうらやましいと思うかい?

僕)ずっと飛び続けなきゃならない…いつ襲われるのかもわからない…。それはちょっとこわいな…

鳥)だろう?フフフ…チキンだな(笑)

僕)な、なんだよ

鳥)まぁ良いじゃないか、ビビりのチキンと言われようがあちこちにいい顔する風見鶏だろうが、生きているからこそ、だぜ。それはわかるだろう?

僕)(…なんか理屈っぽいけど…まぁそれもそうだな)

鳥)大空は悲しみもなく自由だなんていう誰かの言葉を鵜呑みにするんじゃなくて、自分の手で足で目で、ひとつずつ確かめていけば良いんだよ。オレはオレでキミはキミだよ。

僕)そう…だね。わかったよ、ありがとう(なんか面倒臭いヤツだな笑)

鳥)ところで…

キミはこれからどうするんだい?てゆーか、なんでここに来たんだっけ?

#06 原稿:Keikeiさん

僕)僕にもわからないんだよ。

人という者達が住む世界にいたんだけどね。

ある日家に雷様が落ちて気がつくと海の中だったのさ。

鳥)そーかー。

それはビックリしたね。

、、、。

なぜかははわからないけどさ。

ここに来た意味があるのかもね。

僕)、、、。

鳥)それならさ。せっかく来たこの世界。

答えを見つけてみないかい?

ぼくも知りたくなってきたよ!

僕)そうだね!

ヨシザラシと極楽鳥は風の流れにそって進みだした。


#07 原稿:体育部長さん

私達一行は旅の帰路についていた

アドプロ山超えたらもうすぐ到着だ

山頂に着いて眼下にみえる久しぶりのオーラージタウン

もうすぐ家に帰ってゆっくりと出来る

そう思ったとき、急に突風が吹いてきて雨も強くなってきた

もう少し行けば山小屋があったはず

皆は急ぎ足で山小屋を目指した

目の前に山小屋がみえたその時、空が明るくなり目の前に雷が落ちた

目の前が真っ暗になり意識が遠のいた

そしてどれくらい意識失っていたのか、目が覚めると山小屋ではなく、見たこともない景色が目の前にあった

それだけではなく体も変化していた、何だこの体は

そして仲間は?雷のせいか記憶がハッキリとしない

確か…テニス…テニス、そうたテニス、ラブという仲間がいたはず

まずは仲間を探さなくては

そうして

みたこともない世界での仲間を探す旅が始まった


この続きは皆さんが作ります

物語のエントリー随時受付中

物語が採用された場合は100万ヨシザラシ通貨進呈します。

採用に関わらずエントリーをしてくださった方全員10万ヨシザラシ通貨進呈します。
文章の長さはおおよそ400文字以上でお願いします。
※特に決まり等はございませんが目安となります。


登場人物随時受付中!

動物妖怪エントリーをしてくださった方全員に10万ヨシザラシ通貨進呈


物語へのエントリーで採用関係なく10万ヨシザラシ通貨進呈
物語が採用された場合は100万ヨシザラシ通貨進呈